☆財団の紹介!

←●INDEXに戻ります。


ごあいさつ

一般財団法人カワイサウンド技術・音楽振興財団

理事長 河 合 弘 

 当財団はサウンド技術振興財団として30年余の活動を続けて参りましたが、今般、一般財団法人への移行に伴い、サウンド技術に音楽という感性要素を軸足として加えることで、更なるサウンド世界の発展を目指しております。
 サウンドを通して国民生活の豊かさを追求するには、音と人間との好ましい係わりの探求が欠かせません。サウンド技術分野でも音が人体・脳に与える影響の研究が盛んになってきております。その様な状況下“ サウンド & 感性 ”の視点に立脚してサウンド技術を追求するとき、直接的に人の感性に影響を及ぼす音楽はとりわけ重要な要素であります。新生財団はサウンド技術と音楽、その両輪の連鎖が織り成すサウンド世界の探求と成果の普及に努めることで、QUALITY OF LIFE の向上を目指して注力して参る所存でございます。
 当財団の趣旨及び事業内容にご理解いただき、今後とも、皆様のより一層のご支援・ご指導を賜りますようお願い申し上げます。


◆機関誌「サウンド」(毎年1月発行)
◆第31号 2016年1月発行
● ”音の散歩路”もご覧下さい。
 
 〜 次世代に伝えたい『日本人 の心の癒し』を感じる音風景の旅を楽しむ -『残したい音風景100選』を訪ね歩く〜


設立日

昭和58年12月21日 財団法人サウンド技術振興財団を設立、平成23年4月1日現法人へ移行。

事業目的

サウンド技術と音楽に関する助成や支援及び講演会・セミナーの開催並びに音楽に関する普及支援や国際交流の推進等の事業を行うことにより、サウンド技術と音楽の振興に寄与し、もって我が国の国民生活を豊かにすることを目的としております。

事業内容

  1. サウンド技術及び音楽に関する人材育成に対する助成や支援

  2. サウンド技術及び音楽に関する調査・研究に対する助成や支援

  3. サウンド技術及び音楽に関する講演会・セミナーの開催

  4. 音楽に関する公演の開催及び演奏活動等音楽の普及に対する支援

  5. 音楽に関する国際交流の実施

  6. 機関誌その他出版物等の刊行

  7. その他目的を達成するために必要な事業

役員

◇理事長

河合 弘 (株式会社河合楽器製作所 代表取締役会長 兼 社長 兼 営業統括本部長)

◇理事

小野修一郎 (元 千葉工業大学教授)

榊  佳之 (静岡雙葉学園 理事長)

谷萩 隆嗣 (信号処理学会 会長)

渡邊 健二 (東京藝術大学 教授)

(50音順 敬称略)

◇監事

村上 二郎 (株式会社河合楽器製作所 監査役)

鷲津 有一 (株式会社アプライズ 代表取締役社長)

(50音順 敬称略)


◇専務理事 〔兼 事務局長〕

北村実音夫



評議員

安藤 繁 (東京大学 教授[H28年3月まで])

大津 展之 (独立行政法人産業技術総合研究所 名誉リサーチャー)

小島 康壽 (日本原子力発電株式会社 取締役副社長)

中島 隆之 (社団法人電子情報通信学会 フェロー)

花田 修治 (東北大学 名誉教授)

藤崎 博也 (東京大学 名誉教授)

宮澤 彰 (国立情報学研究所 名誉教授)

村上陽一郎 (東洋英和女学園 学事顧問・評議員)

山本 裕 (京都大学 名誉教授)

(50音順 敬称略)


←●INDEXに戻ります。