調査研究報告書

● INDEXに戻ります


◆音に関する学術研究動向調査報告書−助成研究のその後と制度について 第2報−


アドビシステムズ社のPDFで作成しております。Acrobat Readerを使用してご覧下さい。
[http://www.adobe.co.jp/より無料配信]
調査研究報告書を活用された方は、恐れ入りますがアクセス状況把握のため以下にご記入をお願い致します。
お名前:

研究機関・所属・役職:


============ 目 次 ============

表紙

はじめに

調査の概要

==1.研究助成事業の概要===============

1.1 申請−助成件数の推移 [P1]

1.2 助成対象者の推移 [P2]

1.3 研究機関別の助成件数 [P4]

1.4 申請テーマ・助成テーマの分類 [P6]

1.5 申請テーマ・助成テーマの細分類とその推移 [P10]

1.5.1 細分類の方法

1.5.2 A音声の細分類推移

1.5.3 B騒音の細分類推移

1.5.4 C生体の細分類推移

1.5.5 D音楽の細分類推移

1.5.6 E音響の細分類推移

1.5.7 F超音波の細分類推移

1.5.8 Gその他の細分類推移

1.6 申請テーマ・助成テーマの単語の出現頻度からみた傾向 [P28]

1.6.1 申請テーマの単語の出現頻度とその傾向

1.6.2 助成テーマの単語の出現頻度とその傾向

==2.助成研究の調査結果と分析============

2.1 アンケート調査 [P36]
2.1.1 調査の実施概要

2.1.2 回答者の構成と回答された助成テーマの分類

2.2 助成テーマのその後 [P38]
2.2.1 研究活動の現状

2.2.2 研究の到達段階

2.2.3 取組み体勢

2.2.4 試作評価

2.2.5 学会発表

2.2.6 今後の見通し

2.2.7 今後の見通しのおよその期間

2.2.8 社会への貢献・応用分野

2.3 研究助成制度について [P47]
2.3.1 助成を受けられて特に“助かった”“有難かった”と思った事項

2.3.2 文部科学省の科学研究費や校費など他の助成と比較して、当財団の助成の良かった点

2.3.3 当財団の研究助成に関し、今後に期待する事項

==3.まとめ======================

3.1 助成テーマ・申請テーマについて [P59]

3.2 助成テーマの状況 [P59]

3.3 研究助成制度について [P59]

3.4 おわりに [P60]

あとがき

アンケート内容

裏表紙


● INDEXに戻ります