調査研究報告書

● INDEXに戻ります


◆音響デバイスとその応用に関する調査研究報告書−盲人用筆記支援システムの調査研究−


アドビシステムズ社のPDFで作成しております。Acrobat Readerを使用してご覧下さい。
[http://www.adobe.co.jp/より無料配信]
調査研究報告書を活用された方は、恐れ入りますがアクセス状況把握のため以下にご記入をお願い致します。
お名前:

研究機関・所属・役職:


表紙

序文

調査研究委員会委員名簿


== 第1章 盲人用筆記補助具の現状と課題 ============

1.1 はじめに [P3]

1.2 歴史 [P3]

1.3 2つの筆記:盲人自身及び晴眼者のための筆記 [P4]

1.4 手書き文字による筆記:盲人用手書き補助具 [P8]

1.5 遅れている領域:音楽の筆記 [P9]

1.6 まとめ [P9]


== 第2章 筆記支援システム技術の検討 =============

2.1 音響フィードバック技術の現状と筆記支援システムヘの応用 [P11]

2.2 音響デバイスの筆記支援システムヘの応用 [P15]

2.3 筆記支援システムの概念設計 [P16]


== 第3章 筆記支援システムの試作 ===============

3.1 筆記枠及び音響フィードバックの仕様 [P20]

3.2 ハードウェアの仕様 [P22]

3.3 動作機能のアルゴリズム [P24]

3.4 操作方法 [P34]


== 第4章 試作システムの機能評価とシステム実用化への課題 ===

4.1 試作システムの機能評価 [P36]
     参考資料:盲人用筆記支援システム・フィールドテスト 結果報告 [P38]

4.2 システム実用化への課題 [P39]


== 第5章 筆記支援システムの将来展望 =============

5.1 社会復帰のサポート [P41]

5.2 教育のサポート [P42]

5.3 今後の展開 [P42]


裏表紙


● INDEXに戻ります